以前、ある相談をされた事があります。

 

その方は女性でAさんとします。Aさんは相談された当時、2.3年前から体調不良になり、色々な病院に行っても原因がわからず、精神的な病として診断されました。でも、背中が物凄く痛くなる時もあり、これは精神的な病ではないと思い、藁をもすがる思いで、ある霊能者の方に相談されました。そしてその霊能者は「これは貴方の家に取り付いている地縛霊の仕業です。早急に除霊をしないと大変な事になる。」と言われ、その時は相談料として約2万円ほど支払って帰ったそうです。

 

その後、原因不明の背中の痛みは益々痛くなり、もう除霊しかないと思い除霊コースは3つ程あったそうですが、まずは一番安い10万円のコースを頼みました。「これで助かる。」とその時は思ったそうです。ですが、数日経っても何も変わらず、その霊能者に報告したところ「ちょうどこちらも連絡をしようとしてました。霊界からもっと除霊をしないと危ないと啓示を受けたのです。追加料金が掛かりますが除霊をしなければなりません。」そう言われました。それでも助かるならお願いしたいとAさんは決断し、中間のコースの30万円を支払いました。それから何カ月は様子を見てほしいと霊能者に言われて約3カ月様子を見ました。

 

ですが一向に背中の痛みは取れないばかりか益々痛くなり、霊能者に報告したところ「30万円のコースで治らないのはおかしい。どうも貴方の心が悪いのがカルマとして悪さをしている。こうなったら最後のコースの70万円の除霊をしないと貴方どころか家族まで不運になる。」と言われしぶしぶAさんは納得し、最高の除霊コースをして貰うことになりました。ですが数カ月経っても何も変わりません。そこでAさんの知り合い経由で私の所に相談が来てお伺いする事になりました。

 

まず、一つ言いたい事があります。

 

それは、長年スピリチュアル鑑定・占術鑑定をしていますが、俗にいう霊障や霊の仕業?というのは99%ありません。

 

よく考えてみて下さい。目の前のジュースを取るのを人であれば簡単です。霊がそのジュースを取る事ができますか?俗に霊と言われている作用は、この世ではちっぽけなものです。それより怖いのは生きている人の念のエネルギーです。

 

霊というのは、変な解釈をされていますが確かに存在します。ですがそれは概念です。長年、瞑想をしている人はこれぐらいの説明でわかるはずです。

 

1%だけ確かにそのような事もあります。ですがそのような時は簡単に除霊みたいなもの?はできてしまいます。

 

なぜ、人は霊障だと言われてると信じてしまうのでしょうか?

 

それは、肉眼では見えないものに対しての恐怖があるからです。それを言われた本人が勝手に恐怖を増幅してくれるので、そのような方にとっては高額な料金でも平気な感覚に陥ってしまいます。

 

そして何故か、スピリチュアルの世界は高額なものが多いです。(※高額の価値観は人によってそれぞれですが私が思う高額は3万円以上。)肉眼では見えない事を良い事になんでも言えてしまう世界ですが、この高額設定はほんとよくわかりません。これも日本人の美学なのでしょうか?

 

ですが、この高額がさらに霊能者はもちろん、本人にとっても実は口実がよい心理テクニックになってしまいます。

 

それは、自称霊能者が行う除霊で効果がある方がいる理由になります。では何故効果がある人もいるのか?

 

それは、高いお金を払う事、儀式的なものを行ってもらう事によって「こんだけお金を払ったんだ。もう大丈夫だ。」と自分で再決断をして自己治癒プラシーボ効果になり、さらに、その除霊後に何か少しでも良い事があったりすると、除霊の効果だと自分に良いほうに軌道修正を行い、結果、自分で自分を再決断して治っていくケースの人がいる。という事です。プラス思考の人に多い感じがします。

 

この一連の流れの中で、自称霊能者は、相手に見えない恐怖を与えただけなのです。勝手に怖がりだし、それを増幅させたのは言われた本人になります。

 

言われた本人が勝手に恐怖を増幅し、そしてまた自分で自分を治していくというプロセス。なので自称霊能者は儲かるので後を絶たないのでしょう。

 

私は過去にメディアに出ている自称霊能者と言われている人やブログで活躍されている方とかと対面でお話しした方が結構いますが、本当に能力があった人は少なかったです。まず、間違った瞑想をしていなければ瞑想の1~3年でほとんどの方がオーラ視ができるようになりますが、オーラ視すらほとんどの方が出来なかったのが残念でした。

 

自分の体内にガンが発症しているのにも気づかない自称霊能者もいました。

 

自称霊能者という方に出会ったらまず下記の2ポイントを意識してみてください。

自称霊能者を見抜くポイント
1・やたら霊障や霊のせいにしている。瞑想の訓練を積んでいる人は霊のせいにはしない。
2・未来の事は何だって言えます。過去の事を当てる事ができるかどうか。

あとAさんの原因不明の体調不良と背中の痛みの原因ですが、チャクラのバランスが悪かったのと、人生に誰でも1度訪れるパラレルワールドが偶然にも悪い運気の年に重なったのが原因でした。

 

また原因不明の背中の痛みの場合、スピリチュアル的に隠されたメッセージがあります。

 

それは「一人で責任を負わされている。何でも自分がやっている。」という意味です。

 

Aさんの仕事はある部門の責任者で同じ立場の責任者が他に5人いましたが、みんな辞めていき最終的には1人になってしまったようです。上司にも責任者補充の話を何回も持ち合わせましたが、中々人は来なかったそうです。

 

Aさんのスピリットが「責任」という重さに耐えれないという事を背骨が教えてくれていたのです。

 

Aさんには自分の人生の主人公になってもらうべく、常に自分のコアに戻れる忍斗瞑想塾の基本の瞑想であるマントラ・レゾナンス・瞑想法と星意門光元功(※私が創始した気功に似たエネルギーワークであり、ガン治療や難病予防・潜在能力開発に効果が非常に高いもの。星意門光元功は今後、忍斗瞑想塾塾生に動画を公開する予定を考えています。)を教えて実践してもらいました。

 

もし、この記事を見て何か自分も相談したい。と思ったらお気軽にご相談下さい。

 

高額すぎるスピリチュアルには厳しく警鐘を鳴らしていきます。

おすすめの記事